転職におけるマイナス評価について、具体的な項目や人事の考え方などを交えながら説明いたします。

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです

転職におけるマイナス評価

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
転職におけるマイナス評価について、具体的な項目や人事の考え方などを交えながら説明いたします。転職において履歴書や経歴を説明する機会がありますが、人事の評価としてマイナスになる項目として、ひとつは社歴です。転職はなるべく回数が少ない方がよく、一般的には3回までは印象は悪くはなりませんが、それ以上となると人事の評価としてはマイナスが付く可能性は大きくなってしまいます。次に転職した理由について、業績悪化や部署の縮小などの理由はどうしても避けられない理由として説明したくなりますが、このような理由も人事からすれば、業績が悪くなった企業を選んだ人を高く評価することはありません。

また家族の介護などのやむを得ない事情も、仕方がないという印象を受けますが、採用を担当する人事としてはなるべく動ける社員を確保し、自分が採用した社員が活躍した方が自身の評価にもつながりますので、極力そのような事情も伝えない方が得策です。また、外見に関しても不潔な印象は最悪ですので、なるべく清潔感のある印象を与えることが重要となります。また礼儀作法なども基本的な要素ですので、入退室のマナーを改めておさらいしたうえで面接に臨みましょう。


Copyright(c) 2017 職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです All Rights Reserved.