転職に際し自分の評価をする場合には、第三者的視点で評価できるような目を養うことも重要です。

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです

転職にあたって自己分析する

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
転職をしようとする場合、転職先の会社に対して自分をアピールする必要があります。当然、自分自身でアピールするポイントを把握しておかなければいけません。しかし意外と自分自身のことはわかっていないという場合もあります。冷静に、第三者視点で自己分析をする必要があります。この段階がうまくいっていないと転職が成功しないです。非常に重要なステップといえます。

自己評価が第三者の評価より高くなってしまう場合があります。例えば、自分は会社内での調整にたけていて大きな案件を推進する力があるプロジェクトリーダーだった場合、当然リーダーシップについて自己評価は高くなるでしょう。一方、第三者的な視点でいった場合、その会社の勤続年数が長かったから任されたかもしれませんし、その分野における競争相手となる社員がいなかったから任されたのかもしれません。アピールすべき点ではありますが、過大な主張はかえってマイナスのケースもあります。

また、自分が認識していない自分のアピールポイントもあるかもしれません。転職前の会社では評価されなかった知識が実は世の中では求められる知識であったり、転職前の会社では多くの人が持っている能力で社内ではそれほど強みではなかったものが、世の中では珍しい能力だという場合もあります。常に第三者視点で判定できる目を養っておくことは転職を考える上では大事なことです。

おすすめ記事



Copyright(c) 2017 職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです All Rights Reserved.