数年前に電子機器パーツの製造からアパレル製品の縫製へ、定時に退勤できるという条件で転職しました。

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです

私の転職体験について

職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです
今から4年前に、これまで働いてきた業種とは違うところへ転職しました。これまでは電子機器パーツをメーカーに納める会社で働いていましたが、転職先はアパレル製品の縫製会社です。転職先では一からのスタートということで、これまでの経験があまり給料には反映されないというデメリットがありましたが、何よりも職場が自宅から近く、定時に退勤できるというメリットに魅かれて転職先を決めました。また元々手芸が好きで簡単な子供服なら自分でもつくったことがあったので、縫製への興味や生地に関する基本的な知識はすでに持ち合わせていました。

転職先で新人を採用するにあたり求めていた能力は英語力でした。私は語学が好きで大学も外国語大学に通っていたので英語力には自信がありました。これは海外のバイヤーやアジアにある縫製工場とコミュニケーションをとるために必要でした。さらに前職場で培ったトレードに関する実務経験が転職先でも活用できたため、他の新人よりも早く仕事を覚えることができました。今では役職も付いて、責任のある仕事も任せてもらえるようになりました。子供のために定時の退勤は譲ることができませんが、制限がある状態でどこまで上がっていけるのかやってみたいと思います。


Copyright(c) 2017 職業安定所を利用して転職活動を行うと効率が良いです All Rights Reserved.